施工一覧詳細

バリアフリー法による保育所への設置例

住宅や施設をはじめとした、建物の屋内・屋外の段差を解消する「ダンサスケット」の製造・販売・レンタルを行う「大邦機電」が、その導入事例を紹介します。

お客様名A保育園様
お住まいK県
コメント

保育園を既存建物を改修して新設計画した際、バリアフリー法にて車いす等の円滑な通路を確保する必要が生じました。敷地の条件が狭いために適正なスロープを計画することができなかったため、段差解消機を使用することになりました。この場合の必要条件は、国土交通大臣の定める構造であること、(告示1413.1.9)、かごの巾が70cm以上、奥行きが120cm以上あることとなります。この施工例では、ダンサスケットハート仕様6A型を設置しました。完全な外部だったため、外装をステンレス仕様で作りました。利用時は管理者が鍵にて電源を入り切りして安全管理します。